子供取り違え事件は本当にあった!?沖縄であった新生児取り違え事件とは!?

新生児の取り違え事件を扱った映画に「そして父になる」があります。「そして父になる」は、実話を元にしています。元になった実話は、沖縄で起きた新生児取り違え事件です。

奥野修二氏によって『ねじれた絆ー赤ちゃん取り違え事件の十七年ー』にまとめられました。沖縄であった新生児取り違え事件とは、どんな事件だったのでしょうか?

スポンサーリンク

取り違えが明るみに出たきっかけは就学前の血液検査だった

沖縄で起きた子供の取り違え事件は、1977年(昭和52年)に発覚した事件です。事件が発覚した発端は、就学前の血液検査でした。

稲福スミ子さんは、長女の美由紀ちゃんの血液型がA型とされているのに違和感を覚えました。自分たち夫婦の間にA型の子供が生まれるはずがなかったためです。

稲福スミ子さんは、さっそく夫の茂美さんと娘の美由紀ちゃんを連れて、再検査を受けました。その結果、美由紀ちゃんは、夫婦の子供ではないと判明しました。

病院側が確認したところ、美由紀ちゃんは、同じく沖縄県内に住む島袋公子さんと清徳さん夫婦の6歳の娘と取り違えられた事が分かりました。

→あさま山荘事件!鉄球は何故失敗?白田弘行とはどんな人物?

小学校入学前に子供を交換する!?お互いの家を行き来するようになる

病院側の説明によると、赤ちゃんを沐浴させる際に看護師がネームバンドを外し、付け直す際に取り違えが起きたのではないかとの事でした。稲福夫婦と島袋夫婦は、互いの子供の写真を相手側に見せました。「顔が似ている」というのが第一印象だったと言います。

病院側から出来るだけ早く、小学校に入学する前に子供を交換する事を勧められました。両夫婦の親戚も病院の勧めに賛同しました。

稲福家と島袋家は、子供が血縁関係のある両親に馴染むよう、お互いの家を行き来するようになりました。稲福夫婦は娘の美由紀ちゃんの気持ちを、島袋夫婦は娘の初美ちゃんの気持ちを考え、どうしたら良いか迷っていました。

スポンサーリンク

→日大出身の女性芸能人・有名人一覧

子供を交換する!子供はすぐに馴染めたわけじゃなかった!両家が選んだ解決方法とは!?

稲福夫婦と島袋夫婦は、別の取り違え事件の被害者だった織田夫婦に話を聞きます。織田夫婦は、子供が9歳の時に取り違えが発覚しました。織田家に戻ってきた実子は、すぐに家に馴染んだそうです。稲福家と島袋家も、子供を交換する事を決意します。

美由紀ちゃんは、なかなか島袋家に馴染めず、もともと子育てに悩んでいた島袋公子さんは、酒量が増えていきました。美由紀ちゃんは、頻繁にスミ子さんに電話を掛けていました。

そして、「みんなで一緒に暮らせたらいいのに」とスミ子さんに言っていました。稲福家は、島袋家の隣の空き家へ引っ越し、両家は同じ敷地内で暮らすようになりました。

→山辺節子の生い立ち!若作りで62歳が38歳に本当に見えるのか!?

中学卒業後は別々の学校で学ぶ!2013年に合同結婚式を挙げた

稲福家に戻った初美ちゃんは、「真奈美」と名を改めました。真奈美ちゃんと美由紀ちゃんは、同じ中学に通い、「友達以上、姉妹未満」という関係を続けました。取り違え事件の受け止め方は、真奈美ちゃんと美由紀ちゃんで微妙に異なり、その食い違いから美由紀ちゃんは落ち込む事もあったそうです。

中学卒業後、真奈美さんは進学校に、美由紀さんは商業高校に進学しました。

真奈美さんはその後も地元で暮らし、美由紀さんは1990年(平成2年)に東京へ行きました。2013年(平成25年)9月に美由紀さんと真奈美さんの合同結婚式が行われ、稲福家と島袋家の親族が集まりました。

→半分、青い!楡野鈴愛の発明した扇風機のモデルは実在するのか!?

今回のまとめ

「そして父になる」の参考とされた子供取り違え事件が、沖縄で起きた事件です。就学前の血液検査で取り違えが判明し、育ての親たちは、子供の取り替えを決意します。

子供はすぐに馴染む事が出来たわけではなく、両家は隣同士で暮らすようにします。中学卒業後、別の進路を選んだ子供たちは、2013年に合同結婚式を挙げています。

→花角英世氏の経歴は!?海上保安庁幹部の給料はどれ位!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする