田畑政治氏の経歴やプロフィール!浜松一中〜東京オリンピックの経緯

田畑政治(たばた まさじ)氏は、2019年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」でメインとして描かれる人物です。阿部サダヲさんが演じる事が発表されています。田畑政治氏は、どんな経歴の持ち主なのでしょうか?

スポンサーリンク

地元の名士の家に生まれる!浜松一中時代に病気で泳ぐのを断念する

田畑政治氏は、1898年12月1日に生まれました。父親の田畑庄吉氏は、愛知県浜松市成子町で酒造業を営んでおり、高額納税者で議員も務めました。田畑家は浜松一の金持ちと言われた地元の名士です。田畑政治氏は、次男として生まれ、地元の小学校から旧制浜松一中(現在の静岡県立浜松北高等学校)に進みます。

田畑政治氏は、子供の頃から浜松湾で泳いでおり、地元中学の卒業生たちが創立した「遠州学友水泳部」に入り、頭角を表します。

しかし、旧制浜松一中の4年生の時に慢性盲腸炎と大腸カタルを併発します。医者から「泳いだら死ぬ」と言われ、自らが泳ぐのは断念します。この後、田畑政治氏は、後輩の指導に力を入れます。

→平将門の呪い!首塚の都市伝説で起こる心霊体験とは!?

浜松湾を日本一に!全国制覇の次の目標は世界一!政治への興味から朝日新聞に入社

旧制中学を卒業した田畑政治氏は、一高へ進み、一高から東京帝国大学(現在の東京大学)に進学します。これは、当時の典型的なエリート街道でした。

田畑政治氏は、浜名湾を日本一にしようと考え、「浜名湾遊泳協会」を設立し、休みのたびに浜名湾へ戻って後輩の育成から水泳の普及に務めました。大正12年の全国大会で浜名湾が優勝すると、田畑政治氏は「世界一」を目標にするようになります。

大正13年3月に東京帝国大学を卒業した田畑政治氏は、朝日新聞に入社しました。当時は、一高から東京帝国大学へ進んだエリートは、官僚を目指すのが一般的でした。

「政治に興味がある」という理由で朝日新聞に就職した、田畑政治氏の経歴は異例でした。田畑政治氏は、同年10月に創立された「日本水上陸上競技連盟」の理事に就任します。

→美少年・森蘭丸とは?織田信長との意外な関係性とは?

アムステルダムからロサンゼルスへ!日本人選手の華々しい活躍が続く

日本水泳界の中枢に進出した田畑政治氏は、「オリンピック第一主義」を唱えて、昭和3年のアムステルダム・オリンピックに向けて準備を始めます。田畑政治氏は、政治記者として鳩山一郎氏に気に入られており、その紹介で時の大蔵大臣・高橋是清氏と会う事が出来ました。そして、補助金の約束を取り付けます。

アムステルダム・オリンピックには水泳選手10人が出場しました。日本は、競泳男子200m平泳ぎで金メダル、男子800m自由形リレーで銀メダル、男子100m自由形で銅メダルを取得し、日本水泳初のオリンピックは華々しい成果を収めました。

次のロサンゼルス・オリンピックでは、金メダル5個、銀メダル5個、銅メダル2個と躍進しました。日本水泳界の活躍は、アメリカで差別を受けていた日系人に勇気と希望を与えました。

スポンサーリンク

→マラソン選手!金栗四三は陸王のモデルでもあった!?金栗足袋とは!?

幻の東京オリンピックから1964年の東京オリンピックまで!田畑政治氏の策士ぶりが発揮される

東京都は紀元2600年記念行事の一環として、東京にオリンピックを招致する事を決めました。日本は、東京での開催を勝ち取りましたが、昭和12年に日中戦争が勃発し、日本政府は東京オリンピックを返上しました。戦時中、スポーツは禁止されますが、田畑政治氏は日本水上陸上競技連盟を解散しませんでした。

終戦の2ヶ月後の昭和20年10月には、田畑政治氏は国際水泳連盟への復帰を目指して動き始めます。昭和21年に日本体育協会の理事に、昭和22年に日本オリンピック委員会の総務主事に就任します。昭和24年には国際水泳連盟への復帰を果たします。

田畑政治氏は、大胆な組織運営を行った事で知られ、1964年の東京開催が決定すると、組織委員会の事務総長に就任して、開催に向けて活動しました。

→カルロス・カイザーの現在!?サッカーしなくても高年俸!?

今回のまとめ

田畑政治氏は、東京オリンピックを招致した人物です。浜松一中時代に病気で泳げなくなり、以降、指導者としての道を進みました。経歴で異例とされるのが、東京帝国大学を卒業しながら、朝日新聞に入社した事です。

そこで得た人脈を生かして補助金を取り付け、アムステルダム・オリンピックに初めての水泳選手を送りました。戦時中も日本水上陸上競技連盟を解散せず、終戦の2ヶ月後から国際水泳連盟への復帰に動き出します。田畑政治氏は、大胆な組織運営をした事で知られています。

→貴ノ岩の年収!十両の給料の金額はどの位!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする